忍者ブログ

開成東大の私が、受験の教訓、語ります。

受験の神様

   
カテゴリー「社会」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

世界史 荒巻豊志先生の教え3

Z会での荒巻の講座の受講を止めて、東大特進に切り替えたのでした。
塾の重要な機能として、受験勉強のペースを保つ機能がありますが、毎週毎週は授業を行わない特進でも別に問題はありません。
世界史の論述対策の授業なんて、毎週毎週受ける必要なんてないと思います。
実際、Z会で彼の授業を取り続けて、英数もまだ固まってないのに、世界史に多くの時間を奪われ、結局落ちた、という人を複数知っています。

そんなこんなで、東大特進で受講は続けたものの、荒巻信者にはならなかった私ですが、彼のアドバイスで一つ印象に残っていること、そして今受験勉強をやっている人にもためになるようなことがあります。

東大特進の講義の中で彼は言いました。
論述で強くなるために、やるべきことは何か。それは教科書のフレーズを覚えることだ。今日から毎日1センテンスでいいから暗記していきなさい。
「教科書から表現を盗むんです」とも言っていました。
当時、用語を覚えることに必死だった私は、「表現方法まで覚えてらんねーよ」と思い、1度としてフレーズを暗記することはありませんでしたが、最近その重要性を理解できるようになりました。

入試の論述と言うのは、国語にせよ、世界史にせよ、地理にせよ、字数との勝負になります。
これらの科目は加点方式で採点すると言われていますから(自由英作文なんかは逆に原点方式だと思われるが)、答案にできるだけたくさんの情報を盛り込んだ方が得点も高くなりやすいです。
しかし、東大模試の答案を採点していて思うのは、皆解答例に比べて表現が冗長。一つのポイントに字数を割きすぎて、要素が入りきらず、完全正解を逃してしまう。
なぜ、冗長になるのか?
それは言葉を知らないからです。表現力が乏しいからです。
自分が頭の中で考えているアイディアを、簡潔にしかし正確に表現する力が足りていないのです。

最近担当した地理を例に出して説明しますと、
例えば風土の説明の際「高くて湿気が少ない」ではなく「高燥な」と書くべきです。
「一年を通じて供給する」ではなく「周年供給」。
「景気の悪化」ではなく「バブル崩壊」。
簡潔に厳密に。

どうすれば、表現力が身につくか。
その答えが冒頭の荒巻先生のアドバイスです。
教科書だったり、新聞だったり、作家だったりの表現を盗んでしまうのです。

この努力は、すぐに結果が出るものではないので、受験生当時の私がそうであったように、実行できる方はそんなに多くはないかもしれません。
しかし、文章を書いたり、人に説明したり、ということをするのなら、遅かれ早かれ、多かれ少なかれやることになる努力だと思います。

拍手[0回]

PR

世界史 荒巻豊志先生の教え2

そして、初回の授業。
座席表もないので、教室にそれぞれまばらに座っていると、授業開始5分前くらいに荒巻がドアから顔をのぞかせて「前詰めて座れ。そうじゃなきゃ授業やんないよ」。
こわ~ッ!!って感じですね。
そして、鼻持ちならねえ奴だなと思いました。
まあ、しかし、その他の講師にはない偉そうな感じ、生徒に媚びない感じが「逆にすごそうだ」と思わせたりするんですよね。
初登場から衝撃的な彼でしたが、その後も驚きの連続でした。
「貧乏人ってドン・キホーテ行くの好きでしょ」「杉並区と世田谷区以外はくそです」「そこらへん歩いている人はみんな馬鹿です。何も考えちゃいない」など過激な発言も多く、また授業冒頭に行う小テストで最低点だった人はその日ずっと立って授業を受ける、一人ひとりに一問一答を聞いていって、答えられなかった人は黒板消しで叩かれる、など非常に緊張感のある授業でした。
しかし、それでも多くの人ははまるんですよね。
一種のカリスマだったんです。

しかし私は2,3か月で受講するのを止めてしまいました。
毎週毎週世界史の予復習に多くの時間を取られていましたし、彼の話はやや抽象的だったり、僕には今一つよく理解できないことが多かったりして、なんだか費用対効果が悪いなあ、と感じていたのです。たった60点のために、さらに言えば論述40点程度のためにこんなにエネルギーや時間、お金を費やすのは間違っているのではないか。
また、大きな原因としてあったのは、以前にも書いたかもしれませんが、東大特進の存在です。
同じ人の授業がほぼ0円で受けられること(テキスト代1000円~2000円は取られるが)、特進の方は大人数授業だから精神的ストレスも小さいこと(100人~200人授業でした。緊張が無いのと、タダだという気持ちもあって何度か寝てしまったこともあります)、予習をしなくていいこと(特進はテストゼミ形式。以前は予習形式だったらしいが、予習をやってくる生徒があまりいなかった)など、どの要素をとっても特進の勝ちでした。

拍手[1回]

世界史 荒巻豊志先生の教え1

前回までの記事に引き続き世界史の話をしたいと思います。
私が世界史の勉強を始めたのは高3になってからでした。
高校では高1から授業があったのですが、全然興味がわかず試験前にほんの少し覚える努力をして、結局赤点を取るという感じでした。
一度、世界史の先生が救済措置として、テストを解きなおしてレポートとして持って来い、と言ったのですが、それでもなお勉強せず、というかちょっとやそっとテスト範囲の教科書を読んだくらいじゃ全然用語や時代背景が分からず、世界史マニアの友人に泣きついて答案を作ってもらったこともありました。(定期テストなのに、しかも高1なのに論述があった)
そんなわけで、高3になって「いよいよ受験だ」となるまでは全然手を付けなかったわけです。
私はZ会東大マスターコース(現「Z会東大進学教室」)に中3のころから通っていました。
地歴の授業は高3から用意されていて(現在はどうも高2から始まるようです)、私はこれをとることにしました。
ここで、東進でも授業をやっている有名講師荒巻豊志大先生の講座をとることになるのです。
少し、当時の状況を詳述しますと、Z会には世界史だけ東大講座が2種類用意されていました。
荒巻以外の講師達が担当するW3Jと荒巻が担当するW3JX。(現在は名称も少し変わったようですが)
W3JXは荒巻がテキスト作成などすべてを任されており、Z会からの厚遇ぶりが伺えました。
(彼の待遇の良さはかなりのもので、高2の終わりごろ、「W3JXは荒巻目当てに全国から現浪問わず受講生が集まりすぐに定員に達してしまうから早めに申し込め」というチラシが配られるほどでした。まあ、後にそれは単なるはったりだったと判明するわけですが…
私が高3の頃、佐野という、こちらも当時東進で講座を持ち始めた講師がいて、彼の方が締め切りになったり、講座が追加されたり、人気を集めていました)
荒巻はやたら怖いらしい、という噂もあり、それに恐れをなしてW3Jを選ぶ友人もいましたが、私はここは攻めの姿勢で行こう、とW3JXを取りました。
そして、初回の授業。

拍手[0回]

プロフィール

HN:
受験の神様
性別:
非公開

リンク

P R

ブログ内検索

忍者カウンター

Copyright ©  -- 受験の神様 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]